labs.beatcraft.com
bc9/Software/OpenEmbedded/kernel2.6.29(1/2)
bc9/Software/OpenEmbedded/kernel2.6.29(2/2)

2.6.29 android kernel への更新

OpenEmbedded の kernel と同様の手順で Android 用の kernel を 2.6.29 に更新することができます。
以下のような手順になります。

Android kernel source の取得

以下のようにして kernel soruce を取得します。

$ git clone git://android.git.kernel.org/kernel/common.git kernel
$ cd kernel
$ git checkout --track -b android-2.6.29 origin/android-2.6.29

取得したら分かりやすいよう名前を変更しておきます。

$ mv kernel linux-2.6.29-android

bc9 用 patch の適用

Android の git repositry から取得したままの kernel では、 arm 用に build しても bc9 を起動することができません。
OpenEmbedded の手順と同じように、bc9 起動可能にするための patch を当てます。
この filepatch-kernel-2.6.29.4-bc9-r2.tgz を kernel source と同じ directory にダウンロードして展開し、
以下のように番号順に kernel source に当てて下さい。(前の patch の適用を前提に追記する内容なので、順番に当てて下さい。)

$ tar xvfz patch-kernel-2.6.29.4-bc9-r2.tgz
$ ls 
linux-2.6.29-android  patch-kernel-2.6.29.4-bc9
$ cd linux-2.6.29-android
$ patch -p1 < ../patch-kernel-2.6.29.4-bc9/01-minimum.patch
$ patch -p1 < ../patch-kernel-2.6.29.4-bc9/02-lcd.patch
$ patch -p1 < ../patch-kernel-2.6.29.4-bc9/03-tsc.patch
$ patch -p1 < ../patch-kernel-2.6.29.4-bc9/04-usb.patch
$ patch -p1 < ../patch-kernel-2.6.29.4-bc9/05-proc-gpio.patch
(以下略)

patch 済みの linux-2.6.29-android を rename しておきます。

$ cd ..
$ mv linux-2.6.29-android linux-2.6.29-android-bc9

kernel build の準備

kernel を bc9用に cross build するため以下のような script を用意し、これを source して
bitbake で生成された cross toolchain へ path を通します。
filesetup_kernel_build.sh

#!/bin/sh

export PATH=/home/beat/gumstix/gumstix-oe/tmp/cross/bin:$PATH
export ARCH=arm
export CROSS_COMPILE=arm-angstrom-linux-gnueabi-
$ source setup_kernel_build.sh

patch を当て終わると、linux-2.6.29-android-bc9/arch/arm/configs/bc9_defconfig ができているので、以下のように copy します。

$ cd linux-2.6.29-android-bc9
$ cp arch/arm/configs/bc9_defconfig .config

この .config は OpenEmbedded 用の調整は終わっていますが、Android 用の調整は行われていません
ですので、make oldconfig して Android userland の起動に必要な項目を追加で yes にして下さい。
さらに細かく調整したい場合は make oldconfig 後 make menuconfig で config 調整を行って下さい。
どの項目が Android の起動に必要かは、linux-2.6.29-android/Documentation/android.txt を参照して下さい。

bc9 起動可能かつ Android 起動可能に調整済みの config が必要な場合は filebc9_android_defconfigをダウンロードして使用して下さい。
2009年7月23日追記 bc9_android_defconfig ではハードウェアの仕様上使用できない CONFIG_USB_GADGET が有効になっており、
また CONFIG_SYSFS_DEPRECATED_V2 が有効になっているため vold が正しく動かない設定になっていました。
調整し直したものを再度添付します。

この bc9_android_defconfig を .config として make すれば kernel の build は成功して終了しますが、
bitbake で生成されるのと同じ uImage* + modules*.tgz を生成するため、以下のような script を用意します。
filemake-bc9-kernel.sh

#!/bin/sh

export LANG=C

GUMSTIX_HOME="/home/beat/gumstix/gumstix-oe"
SYSMAP="./System.map"

TOOL_PREFIX="${GUMSTIX_HOME}/tmp/cross/bin/arm-angstrom-linux-gnueabi-"
DEPMOD="${TOOL_PREFIX}depmod-2.6"
OBJCOPY=${TOOL_PREFIX}objcopy
MKIMG=${GUMSTIX_HOME}/tmp/staging/i686-linux/bin/uboot-mkimage
UBOOT_ENTRYPOINT="a0008000"
MOD_WORKDIR="./mod_work"

make ARCH=arm CROSS_COMPILE=${TOOL_PREFIX} prepare
KERNREL=`make kernelrelease`
KERNVER=`make kernelversion`
KERNIMG="uImage-${KERNREL}.bin"
MODTGZ="modules-${KERNREL}.tgz"
KERNIMGLN="uImage-${KERNVER}-bc9.bin"
MODTGZLN="modules-${KERNVER}-bc9.tgz"

echo "### Cleanup"
rm -rf ${MOD_WORKDIR}
rm -f ${KERNIMG} ${MODTGZ} ${KERNIMGLN} ${MODTGZLN}

echo "### Build kernel"
make ARCH=arm CROSS_COMPILE=${TOOL_PREFIX}
if [ $? != 0 ]; then
    echo "*** Failed to build kernel"
    exit 1
fi

echo "### Make kernel image"
${OBJCOPY} -O binary -R .note -R .comment \
-S ./arch/arm/boot/compressed/vmlinux linux.bin
if [ $? != 0 ]; then
    echo "*** Failed to make kernel image"
    exit 1
fi

${MKIMG} -A arm -O linux -T kernel -C none -a ${UBOOT_ENTRYPOINT} \
-e ${UBOOT_ENTRYPOINT} -n "oe/verdex/arm" -d linux.bin ${KERNIMG}
if [ $? != 0 ]; then
    echo "*** Failed to make kernel image"
    exit 1
fi

ln -s ${KERNIMG} ${KERNIMGLN}

echo "### Install modules"
make ARCH=arm DEPMOD=echo INSTALL_MOD_PATH=${MOD_WORKDIR} modules_install
if [ $? != 0 ]; then
    echo "*** Failed to modules_install"
    exit 1
fi

${DEPMOD} -A -b ${MOD_WORKDIR} -F ${SYSMAP} ${KERNREL}
if [ $? != 0 ]; then
    echo "*** Failed to depmod modules"
    exit 1
fi

echo "### Make modules tar ball"
tar czvf ${MODTGZ} -C ${MOD_WORKDIR} lib
if [ $? != 0 ]; then
    echo "*** Failed to make modules tarball"
    exit 1
fi

ln -s ${MODTGZ} ${MODTGZLN}

echo "### Finished"
ls -l ${KERNIMG} ${MODTGZ}

kernel build

この script を kernel source のディレクトリで実行します。

$ mv make-bc9-kernel.sh linux-2.6.29-android-bc9
$ cd linux-2.6.29-android-bc9
$ ./make-bc9-kernel.sh

build が正常に終了すると、標準の make を実行した場合に得られるファイルの他に以下の二つのファイルが得られます。

modules-2.6.29-bc9-r2.tgz
uImage-bc9-2.6.29-bc9-r2.bin

microSD へのコピー

上記のファイルを 2.6.24 が起動する microSD へ以下のようにコピーします。
(作成時と同様、VFAT、ext2 partition はそれぞれ /media/disk、/media/disk-1 にmountしているものとします。)

$ sudo cp linux-2.6.29-android-bc9/uImage-bc9-2.6.29-bc9-r2.bin /media/disk/uimage
$ sudo tar -C /media/disk-1/ -xvfz linux-2.6.29-android-bc9/modules-2.6.29-bc9-r2.tgz

2.6.29-android-bc9 microSD boot

上記で用意できた microSD を bc9 の microSD スロットに戻して電源を入れると、
LCD に linux の 起動logo が表示され 2.6.29 android kernel で起動します。

$ uname -a
Linux gumstix-custom-verdex 2.6.29-bc9-r2 #1 PREEMPT Tue Jun 27 21:45:28 JST 2009 armv5tel unknown

by 大塚聡史

添付ファイル: filebc9_android_defconfig 1080件 [詳細] filebc9_android_defconfig.old 554件 [詳細] filesetup_kernel_build.sh 1200件 [詳細] filemake-bc9-kernel.sh 1225件 [詳細] filepatch-kernel-2.6.29.4-bc9-r2.tgz 1006件 [詳細]

BC::labsへの質問は、bc9-dev @ googlegroups.com までお願い致します。
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-23 (木) 15:26:28 (3044d)