Armadillo

Armadillo-Box WS1 BLE Gateway

株式会社アットマークテクノの Armadillo-Box WS1
同社の Armadillo-400 シリーズと同じ i.MX257 を CPU として使用し
Armadillo-420 と色違いの同じサイズの筐体に収められていますが、
ROM/RAM は 32M/128M と Armadillo-420 の2倍搭載し、
920MHz無線通信規格 Wi-SUN の通信モジュールも搭載されています。
Linux kernel は 3.14 を使用し、同社の Armadillo-IoT とほぼ同じソフトウェアが動作します。

今回は Wi-SUN を使用しない構成のため Wi-SUN モジュールは取り外し、
Bluetooth Low Energy 経由で収集した BLE温度ロガーのデータを
fluentd でログ集約サーバーに集め、
Elasticsearch と kibana3 で温度の変化を可視化しています。

ソフトウェア構成

default の Armadillo-Box WS1 用 ユーザーランドに、以下のものを追加しています。

  • Bluetooth 対応(Bluetooth kernel driver、Bluez)
  • USB Wifi 対応(USB Wireless LAN driver)
  • fluentd
  • Bluetooth Low Energy Gateway アプリケーション(BeatCraft オリジナル)

変更作業

以下の作業を順次加えることで Armadillo-Box WS1 を BLE(Bluetooth Low Energy) Gateway にしています。
作業手順はそれぞれのページをご覧ください。

更新履歴

2015/12/08 初稿掲載

Satoshi OTSUKA

BC::labsへの質問は、bc9-dev @ googlegroups.com までお願い致します。
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-08 (火) 12:50:28 (509d)