Software/Android
Software/Android/bc9
Software/Android/bc9/boot

Android の起動

移植手順で用意した環境で Android を起動させるには、
まず gumstix を起動し、ログインして USB フラッシュメモリがマウントされていることを確認したら、

root@gumstix-custom-verdex:~$ mount
rootfs on / type rootfs (rw)
/dev/root on / type jffs2 (rw,sync,noatime)
proc on /proc type proc (rw)
sysfs on /sys type sysfs (rw)
/dev/root on /dev/.static/dev type jffs2 (rw,sync)
tmpfs on /dev type tmpfs (rw)
devpts on /dev/pts type devpts (rw)
tmpfs on /dev/shm type tmpfs (rw)
tmpfs on /var/volatile type tmpfs (rw)
tmpfs on /media/ram type tmpfs (rw)
usbfs on /proc/bus/usb type usbfs (rw)
/dev/sda on /media/hdd type ext2 (rw)

以下のコマンドを実行します。

chroot /media/hdd/adnroid-root /init

これで Android が起動します。

電源投入後そのまま Android が起動するようにしたい場合は、

/etc/init.d/android

を以下のような内容で作成し、

#!/bin/sh
#
# Start android by chroot
#
 
start() {
       echo "Starting android..."
 
       /usr/sbin/chroot /media/hdd/android-root /init
}
case "$1" in
  start)
        start
        ;;
  *)           
        echo $"Usage: $0 {start}"
        exit 1
esac

exit $?

実行権限を与え、

chmod a+x /etc/init.d/android 

default run level の 5 でこれが実行されるよう、以下のように symlink を作成します。

root@gumstix-custom-verdex:~$ cd /etc/rc5.d/
root@gumstix-custom-verdex:~$ ln -s ../init.d/android S99android

このスクリプトが linux の起動プロセスの最後に実行され、
linux のログインプロンプトが表示される前に Android へ移行し Android が起動します。


by 大塚聡史

BC::labsへの質問は、bc9-dev @ googlegroups.com までお願い致します。
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-05-12 (火) 15:05:38 (3264d)