Hardware/gumstix

gumstix verdex pro

DSCF2071.JPG
verdex pro XL6P (2枚の gumstix verdex proを重ねています)

gumstix verdex proは PXA270(Marvell)を搭載し、組込み用のLinuxが動作する小型のボードコンピュータです。

主なスペック

verdex proシリーズの主なスペックは下記の通りです。

主なスペック

verdex pro XL6Pverdex pro XM4-BTverdex pro XM4
CPUPXA270 600MHzPXA270 400MHzPXA270 400MHzMarvell(R)
RAM128MB64MB64MB
Flash32MB16MB16MB
Size80 x 20 x 5.3 mm80 x 20 x 5.3 mm80 x 20 x 5.3mm
Bluetooth--
microSD2GBまで

共通

  • 拡張コネクタ
    • 60pin (HIROSE)
      hirose60.JPG
      • JTAB
      • LCDインターフェイス (最大18bit, SVGAまで可能)
      • 3xRS232C互換(TTLレベル)ポート
      • USB 2.0 OTG (12Mbpsまで)
      • AC97
      • SPI, I2Cなど
    • 80pin (HIROSE)
      hirose80.JPG
      • カメラインターフェイス: Quick Capture Interface
      • CompactFlash
      • CPU ローカルバス
    • 24pin FPCリボンケーブル
      • USB 2.0 OTG (12Mbpsまで)
      • SPI, I2Cなど
    • 電源 3.6〜5.0V
  • サイズ: 80 x 20 x 5.3 mm

gumstix の build 環境の作成

gumstix の build 環境を作成します。
ビルド環境 は OpenEmbedded の build 環境 (bitbake) を Gumstix,Inc. が gumstix 向けに調整したものを使用します。
(以降、gumstix OEと表記します)
あらかじめ gumstix 開発者ホームページにある gumstix ビルド環境の setup 手順を把握しておいて下さい。

前提とする環境

以降の手順は Ubuntu Linux 8.04 で実行することを前提としています。これより新しい Ubuntu の環境では gcc のバージョン等によって、 そのままの手順ではうまくいかない可能性があります。その場合は、Gumstix Users Wiki の下記ページをご参照下さい。

source の check out

$ mkdir ~/gumstix 
$ cd ~/gumstix 
$ svn co https://gumstix.svn.sourceforge.net/svnroot/gumstix/trunk gumstix-oe

環境変数の設定

永続的に設定してしまう場合は

$ cat gumstix-oe/extras/profile >> ~/.bashrc

一時的に環境変数を設定する場合は、

$ . ~/gumstix/gumstix-oe/extras/profile

あるいは

$ source  ~/gumstix/gumstix-oe/extras/profile

とします。

ソースコードのキャッシュ保存設定

gumstix OE は build 作業の途中でソースコードをダウンロードしてくる造りになっているので、
build 作業毎にダウンロード作業を繰り返さずに済むよう、ソースコードを保存するディレクトリを設定します。
まずキャッシュ管理用の新しいグループを追加し、作業ユーザをそのグループに加えます。

$ sudo groupadd oe
$ sudo usermod -a -G oe {your_username}

つぎに保存ディレクトリを作成してオーナー、パーミッションを適切に設定します。

$ sudo mkdir /usr/share/sources
$ sudo chgrp oe /usr/share/sources
$ sudo chmod 0775 /usr/share/sources
$ sudo chmod ug+s /usr/share/sources

build

以下のコマンドで build を行います。

$ bitbake gumstix-basic-image

最初の build 時にソースコードのダウンロードや ARM 用 Cross Toolchain の build を行い、
本体内の FlashROM へインストールできる system イメージファイルと kernel イメージファイルが生成されます。

$ ls -1 ~/gumstix/gumstix-oe/tmp/deploy/glibc/images/gumstix-custom-verdex/
Angstrom-gumstix-basic-image-glibc-ipk-2007.9-test-20090410-gumstix-custom-verdex.rootfs.jffs2
gumstix-basic-image-gumstix-custom-verdex.jffs2(上のAngstorm...への simlink です。)
modules-2.6.21-r1-gumstix-custom-verdex.tgz
uImage-2.6.21-r1-gumstix-custom-verdex.bin

ARM 用 Cross Toolchain は以下のディレクトリに build されます。

$ ls ~/gumstix/gumstix-oe/tmp/cross/bin/
arm-angstrom-linux-gnueabi-addr2line
arm-angstrom-linux-gnueabi-ar
arm-angstrom-linux-gnueabi-as
arm-angstrom-linux-gnueabi-c++
arm-angstrom-linux-gnueabi-c++filt
arm-angstrom-linux-gnueabi-cpp
arm-angstrom-linux-gnueabi-depmod-2.6
arm-angstrom-linux-gnueabi-g++
arm-angstrom-linux-gnueabi-gcc
arm-angstrom-linux-gnueabi-gcc-4.1.2
arm-angstrom-linux-gnueabi-gccbug
arm-angstrom-linux-gnueabi-gcov
arm-angstrom-linux-gnueabi-generate-modprobe.conf
arm-angstrom-linux-gnueabi-gprof
arm-angstrom-linux-gnueabi-insmod
arm-angstrom-linux-gnueabi-insmod.static
arm-angstrom-linux-gnueabi-ld
arm-angstrom-linux-gnueabi-lsmod
arm-angstrom-linux-gnueabi-modinfo
arm-angstrom-linux-gnueabi-modprobe
arm-angstrom-linux-gnueabi-nm
arm-angstrom-linux-gnueabi-objcopy
arm-angstrom-linux-gnueabi-objdump
arm-angstrom-linux-gnueabi-ranlib
arm-angstrom-linux-gnueabi-readelf
arm-angstrom-linux-gnueabi-rmmod
arm-angstrom-linux-gnueabi-size
arm-angstrom-linux-gnueabi-strings
arm-angstrom-linux-gnueabi-strip

Software

注意:ここでのSoftwareはAndroid用ではなく、gumstix OE用にビルドした ARM Linux のものになります。


添付ファイル: filehirose80.JPG 1024件 [詳細] filehirose60.JPG 1075件 [詳細] fileDSCF2071.JPG 1005件 [詳細] fileCIMG1220.JPG 560件 [詳細]

BC::labsへの質問は、bc9-dev @ googlegroups.com までお願い致します。
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-11 (木) 22:03:30 (3143d)