USB-Serial変換モジュール

USBとRS-232C(9ピン) を変換するモジュールを試作しました。USB-Serial変換チップには、FTDI社製の FT232RL を採用しています。 Windows 7では標準でサポートされているため、USBケーブルを接続すると、自動的にインストールて、すぐに使用できるようになります。 Windows XPなどでは、FTDI社のページからダウンロードすることができます。

  • Windows 7 のデバイスマネージャでの認識例
    usb-serial.png
    COMポートの番号は、環境によって異なります。この例では COM18 として認識されています。

このUSB-Serial変換モジュールは、USBとRS-232Cまたは TTLレベル(3.3Vまたは 1.8V)のシリアル通信の変換に利用できます。

使い方

RS232-C端子にシリアル通信デバイスを接続する場合

  • J1 端子の 13-14間 または 15-16間のいずれか一方をジャンパで接続します。
  • P1 USBコネクタ(MiniB)にUSBケーブルを経由して PC等に接続します。USBから電源が供給されると D1 のLEDが点灯します
  • P2 RS-232C(9ピン) コネクタにシリアル通信デバイスを接続します

なお、J1の 1〜8番端子をモニタすると、通信の様子を確認することができます。

TTLレベルのシリアル通信デバイスを接続する場合

  • P1 USBコネクタ(MiniB)にUSBケーブルを経由して PC等に接続します。USBから電源が供給されると D1 のLEDが点灯します
  • J1 端子に必要なラインを接続します。利用しないラインは開放のままにします。
  • J1 端子の 13-14間 または 15-16間のいずれか一方を利用する電圧にあわせてジャンパで接続します。

J1端子は、ワンボード・マイコンなどのTTLレベルのシリアル端子へ接続するための端子 (1番〜9番)、 および電圧選択用のジャンパ(13番〜16番)が配置されています。なお、11番および12番は空き端子になります。
ピン配置は 9ピンのRS-232C (EIA-574)と同一になります。シリアル信号の電圧レベルは ターゲットのワンボード・マイコン等に あわせてジャンパピンで 3.3Vまたは1.8Vのいずれかを選択します。(Arduinoなどは 5Vのラインのため接続できません。) 電圧の選択は、13-14間を接続すると 3.3V, 15-16間を接続すると 1.8Vになります。

1CDC
2RXD
3TXD
4DTR
5GND
6DSR
7RTS
8CTS
9RI
10GND
11NC
12NC
133.3V出力
14IO電源入力
151.8V出力
16IO電源入力

J1 端子のピン配置


添付ファイル: fileBC10-105-0001.pdf 1042件 [詳細] fileusb-serial.png 953件 [詳細] fileusb-serial.jpg 895件 [詳細]

BC::labsへの質問は、bc9-dev @ googlegroups.com までお願い致します。
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-10-13 (木) 17:57:22 (2380d)