labs.beatcraft.com

USB-HUB&Ethernetモジュール

USB HUB機能を内蔵したEthernetアダプタモジュールを試作しました。 USB-HUB&Etherチップには SMSC社製の LAN9514を採用しています。 USB HUB機能は、USBケーブルで接続するだけで利用できます。 Ethernetは、10/100Base-TXをサポートしています。 Windows 用のドライバは SMSC社のページからダウンロードして使うことが出来ます。

今回の試作版では、LANコネクタ部分の配線に誤りがありました。写真は、修正作業を行い、動作確認したものです。回路図は、修正内容を反映したものになっています。

  • 主な仕様
    USB規格USB 2.0 / 1.1
    アップストリームポート1USB Mini-Bコネクタ
    ダウンストリームポート5内 1つは Ethernetアダプタ固定
    Ethernetポート1USB接続, 10/100Base-TX

使い方

  • SMSC社のページから 利用するOSにあわせて USB-Ethernetのドライバをダウンロードします
  • ドライバを Windows 環境にインストールします
  • 電源の供給方法は USBバスから、または外部電源を利用できます
  • ボードのジャンパを設定します
    • J3 の 1-2, 3-4, 5-6, 7-8 をそれぞれジャンパピンでショートさせます
    • USBバスから電源を供給する場合
      • J8 の 7-8間、および 9-10間をジャンパピンでショートさせます
        USBバスからですと、接続するデバイスによって電力が不足して不安定になる場合があります。このようなときは外部電源に切り替えてください
    • 外部電源の場合
      • DC 5Vの電源(2A以上を推奨) を J8 の 1,3,5 を −極、2,4,6に+極に接続します
  • USBケーブルで接続すれば、必要なソフトウェアがインストールされて、利用できるようになります

今後、デバッグ用の配線、部品を外した版を別途作成予定です。作成できましたら、情報を更新する予定です。

bc10での使用

USB-HUB&Ethernetモジュールをbc10で使用するためにbc10kernelにLAN9514用ドライバを組み込みます。 必要なドライバはEthernet機能のみです。USB-HUB機能にはドライバは必要ありません。 ドライバーはkernel config の以下の場所にあります。

 Device Drivers  --->
 [*] Network device support  ---> 
	--- Network device support
        USB Network Adapters  --->
  <*>   SMSC LAN95XX based USB 2.0 10/100 ethernet devices

以下の例はbc10(OpenEmbedded Linux)にEthernet,USBキーボード,USB-diskを接続した例です。

DSCF1413008.jpg

見辛いですが、USBキーボードを使用しifconfig コマンドとdf -h コマンドを実行した結果です。 Ethernetはデバイス名usb0で認識されています。また8GBのUSB-diskも/dev/sdaデバイスとして 認識されています。

DSCF1410005.jpg

USBキーボードとポータブルHDD(500GB)を接続した例です。 df -h の結果取得まで約10秒ほど掛かりましたが認識されていました。

DSCF1418.jpg

添付ファイル: fileDSCF1418.jpg 839件 [詳細] fileDSCF1413008.jpg 890件 [詳細] fileDSCF1410005.jpg 903件 [詳細] fileBC10-103-0001.pdf 1195件 [詳細] fileusb-hub_Ether.jpg 1385件 [詳細]

BC::labsへの質問は、bc9-dev @ googlegroups.com までお願い致します。
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-10-14 (金) 21:48:01 (2231d)