bc9/ベースボード

シリアルコンソール

verdex proには 3つのシリアルポートがあります。FFUART, STUART, BTUARTというような名前が付けられています。 このうち、U-bootでは、FFUARTがシリアルコンソールに割り当てられており、Linuxカーネルも FFUARTが シリアルコンソールに割り当てられています。従って、FFUARTに RS-232Cで通信可能な端末を接続すれば、 シリアルコンソールが利用できるようになります。

verdex proの60pin拡張コネクタに配線されている FFUARTは 3.3V TTLレベルであり、RS-232Cの信号レベルとは 互換性がありません。そのため、3.3V TTLレベルと RS-232Cレベルの間で相互に電圧変換を行う必要があります。 この変換を行うICがいくつかのICメーカーから発売されています。 bc9では マキシム社製の MAX3232 という チップを利用しています。互換のある他社製でも使えますが、(現在は 少なくなりましたが)古い製品の中には 3.3V TTLレベルに対応できないチップもあるので、代替品を使うときは、注意が必要です。
パソコンなどのRS-232Cインターフェイスには MAX3232やその互換品が多く使われています。

bc9のベースボードでは RS-232Cレベル変換 の方法でレベル変換をして シリアルポートに出力しています。


BC::labsへの質問は、bc9-dev @ googlegroups.com までお願い致します。
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-21 (火) 18:43:38 (4093d)