Synthesijer
DE0-Nano/Synthesijer

QuickStart

本稿ではDE0-Nano/Synthesijerで作成した環境上で synthesijer_samples の
quickstart を DE0-Nano 上で動作させるまでの手順について記載します。

synthesijer_samples/quickstart

quickstart は LED が点滅するサンプルです。
Synthesijer の Web ページに記載されているのと同様の手順でビルドします。

$ cd ~/synthesijer_samples/sample/quickstart/
$ java -cp $SYNTHESIJER synthesijer.Main Test.java Top.java
Output VHDL: Top.vhd
Output VHDL: Test.vhd
Output Verilog HDL: Top.v
Output Verilog HDL: Test.v

DE0-Nano System Builder でプロジェクトファイルを作成します。
Synthesijer の quickstart に合わせてプロジェクト名は Top にします。

SystemBuilder.png

作成したプロジェクトを Ubuntu に移動します。
その際プロジェクトファイル内にある Top.v はリネームしておきます。

Ubuntu 上で Top.qsf をビルドした quickstart のTop.vhd にあわせて以下のように編集します。
また上記ビルドした Top.vhd、Test.vhd をコピー同じディレクトリにコピーします。

$ vi Top.vhd

library IEEE;
use IEEE.std_logic_1164.all;
use IEEE.numeric_std.all;

entity Top is
  port (
    clk : in std_logic;
    reset : in std_logic;
    flag_return : out std_logic
  );
end Top;
...<略>
$ vi Top.qsf

...<略>
#============================================================
# CLOCK
#============================================================
set_location_assignment PIN_R8 -to clk
set_instance_assignment -name IO_STANDARD "3.3-V LVTTL" -to clk
#set_location_assignment PIN_R8 -to CLOCK_50
#set_instance_assignment -name IO_STANDARD "3.3-V LVTTL" -to CLOCK_50
#============================================================
# LED
#============================================================
set_location_assignment PIN_A15 -to flag_return
set_instance_assignment -name IO_STANDARD "3.3-V LVTTL" -to flag_return
#set_location_assignment PIN_A15 -to LED[0]
#set_instance_assignment -name IO_STANDARD "3.3-V LVTTL" -to LED[0]
...<略>
#============================================================
# End of pin assignments by Terasic System Builder
#============================================================
set_location_assignment PIN_A11 -to reset
set_instance_assignment -name IO_STANDARD 2.5V -to reset
set_global_assignment -name VHDL_FILE Test.vhd
set_global_assignment -name VHDL_FILE Top.vhd
set_global_assignment -name STRATIX_DEVICE_IO_STANDARD "2.5 V"

Quartus を起動し、File -> Open Project から Top.qpf を選択します。

$ quartus

Processing -> Start Complication を押下します。
ここで作成した Project 内の各ファイルのコンパイル(分析・統合)を行います。
注: Warning は大量に表示されますが、特に問題ありません。

Assignments -> Pin Planner を押下し、上記変更箇所が反映されていることを確認します。

Tools -> Programmer を押下します。
Programmer は作成されたイメージを DE0-Nano にプログラミング(書き込む)ための機能です。
またどのデバイスで書き込むかも選択します。本稿では上記で設定した USB-Blaster を選択します。

もし No Hardware と表示されている場合、Hardware Settingsを押下し、
下図のように Currently selected hardware 内の USB-Blasterを選択します。

注:USB-Blaster の選択が表示されていない場合は再度追加した
udev ルールファイルを確認してください。

完了後Programeer 内 Startを押下します。
これで作成されたイメージを DE0-Nano に転送します。

Progress が 100%(Successful)になることを確認し、
その際 DE0-Nano の LED0が点滅を開始することを確認します。 ~

quartus003.png


quickstart.JPG

以上で quickstart の動作確認は完了です。

更新履歴

2014/09/03 構成変更のため本ページに移動 
2014/08/27 初稿掲載

syariten

添付ファイル: filequickstart.JPG 567件 [詳細] filequartus003.png 643件 [詳細] fileSystemBuilder.png 543件 [詳細]

BC::labsへの質問は、bc9-dev @ googlegroups.com までお願い致します。
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-03 (水) 17:10:44 (1359d)