bc10
bc10-router

bc10-router

bc10-routerとはbc10を使用し、家庭用無線LANルータと 同等な機能を持ったものを作成するためのプロジェクトです。
まず必要最低限の機能が動作するイメージを作成することを目的としています。

本稿では構成機材、機能項目、ビルドシステムについて記載をしています。
また作成したイメージを使用して、各ネットワークパフォーマンスを測定しその結果を公開しています。

構成機材

本稿で使用しているbc10-routerの構成機材は以下の通りです。

  • bc10本体 x1
  • ACアダプタ x1
  • USB 4ポートACパワードハブ x1
  • USB無線LAN(WLI-UC-AG300N) x1
  • USB有線LAN (WAN側:LUA3-U2-ATX) x1

構成機材のデバイスIDとドライバ

各USBネットワーク機器のデバイスIDとドライバは以下の通りです。

  • USB無線LAN
    機材名ベンダーIDプロダクトIDドライバ
    WLI-UC-AG300N0411012ert2800usb
  • USB有線LAN
    機材名ベンダーIDプロダクトIDドライバ
    LUA3-U2-ATX0b957720AX88772 USB

機能項目一覧

bc10-routerの動作と確認に使用する機能項目一覧および
使用アプリケーションは以下の通りです。

機能項目名使用アプリケーション
無線LANアクセスポイント機能hostapd
モード切替機能(ルータ/ブリッジ)スクリプト
DHCP Daemon 機能(LAN側)dnsmasq
DHCP Client 機能 (WAN側)udhcpc
ブリッジ 機能brctl
NAT/NAPT 機能iptables
DNS 機能dnsmasq,resolv.conf
パケットフィルタ 機能iptables
セキュリティフィルタ 機能kernel機能、iptables
SSHD 機能dropbear
USB 機器管理機能udev,usb-modeswitch
Ethernet ケーブル挿抜監視機能ifplugd

ビルドマシンについて

bc10-routerのイメージを作成するにあたって使用したビルドマシンの
ハードウェア、ソフトウェアスペックの概要は以下の通りです。

  • CPU:Core i7 2.93GHz
  • Memory: 8GB
  • OS: Ubuntu 10.04(64bit)
    • kernel: 2.6.32-43-generic

ビルドシステム

bc10-routerのイメージ作成にあたり使用したビルドシステムは以下の通りです。

arago-project

主にTIがメンテナンスを行っているOpenEmbedded Linux Projectです。
arago-projectを使用したビルド環境の構築およびイメージの作成については
ホストOSに Ubuttu12.04LTS を使用する場合は
bc10-router/arago-project(danny)/Ubuntu12.04LTS

ホストOSに Ubuntu10.04LTS を使用する場合は
bc10-router/arago-projectを参照してください。

buildroot

beagleboard-xm用にカスタムされたbuildrootを使用します。
buildrootのビルド環境の構築およびイメージの作成については
bc10-router/buildrootを参照してください。

bc10 NAND Boot

bc10-router/arago-project(danny)/Ubuntu12.04LTS の作成イメージを元に
bc10 の NAND Boot を行うための設定、手順については
bc10-router/arago-project(danny)/NAND Boot を参照してください。

ネットワークパフォーマンス測定

bc10-routerを使用し各ネットワークパフォーマンス測定を行い、その結果を公開しています。
ネットワークパフォーマンス測定についてはbc10-router/ネットワークパフォーマンス測定を参照してください。

システム更新

ネットワークパフォーマンスの向上を図るため、arago-project を使用して作成したイメージの linux kernel を更新しました。
更新の手順とパフォーマンス測定を行った結果が bc10-router/kernel update です。

linux kernel の更新と同時に bc10 の OMAP3530 向け第2段ブートローダー u-boot を更新しました。
更新の手順が bc10-router/u-boot update です。

tftpboot

kernel の更新を頻繁に行う開発時に便利な u-boot の tftpboot 実行手順は
bc10-router/tftpboot をご覧ください。

パワーマネージメント

bc10 で使用している OMAP3530 のパワーマネージメント機構を動作検証しました。

cpufreq

動的動作周波数変更機能 cpufreq の検証は bc10-router/cpufreq をご覧ください。

Suspend/Resume

現在の動作状態をメモリーへ退避してスリープ状態にはいる Suspend、
Suspend からメモリーで退避していた内容を戻して動作状態に復帰する Resume の検証は
bc10-router/Suspend Resume をご覧ください。

bc10-router項目一覧

bc10-routerに関係するlabsの記事は以下の通りです。

更新記録

2012/12/14 初稿公開
2012/12/17 追加導入パッケージ、dashからbashへの変更の追加
2012/12/18 文言修正
2012/12/21 buildrootの追加
2012/12/25 追加導入パッケージの修正
2013/01/07 構成変更(追加導入パッケージ、dashからbashへの変更をbc10-router/arago-projectbc10-router/buildrootに移動)と文言修正
2013/01/08 文言、構成修正
2013/01/31 システム更新、パワーマネージメントを追加
2014/01/31 bc10-router/arago-project(danny)/Ubuntu12.04LTS の項目を追加
2014/02/06 bc10-router/arago-project(danny)/NAND Boot の項目を追加

syariten

BC::labsへの質問は、bc9-dev @ googlegroups.com までお願い致します。
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-03 (月) 18:55:26 (1508d)