電子工作

タッチセンサーボードの製作

ここでは、マイコンの入力スイッチとして使えるタッチセンサーボードについて紹介します。

タッチセンサーボード

タッチセンサーボードは 機械式の動作機構を持たずに指で軽くタッチするだけで反応するセンサーを4個持っています。またセンサー部がプラスチックなどの絶縁物で覆われていても動作させることができます。密閉されたケースの内側に貼り付けることができますので、防水ケースの中に入れることも可能です。

DSCF7039.JPG
写真 上: コントロール回路 下: タッチセンサー

動作について

専用のコントローラ LSIによって簡単に実現することができます。

LSIに4つあるセンサー端子に基板上に作成したセンサーを接続します。センサーは直径10mmの大きなランド状のパターンだけで生成されています。各センサーに対応した出力端子にセンス状況が出力されます。この出力端子をマイコン等の入力端子に接続するだけで入力スイッチとして使えるようになります。

なお、出力端子はオープン・ドレインになっていますので、実際にマイコン等に接続するプルアップ抵抗が必要になりますがタッチセンサーボード上に実装しています。また直接LEDを駆動することも可能です。

使用方法

VCC端子に 電源 1.71〜5Vの範囲内の安定化された電源を接続します。電圧は利用するマイコンの電圧に合わせます。 出力は GPO0〜GPO3 の端子に出力されますので、これらをマイコンの入力端子に接続します。タッチセンサーボードでプルアップ抵抗を内蔵していますので、別途プルアップ抵抗を接続する必要はありません。

動作確認

具体的な動作状況を確認するために、簡単なテストボードを使って確認します。電源入力、タッチセンサーボード接続用コネクタおよび 表示用LEDを実装した簡単なものです。

DSCF7038.JPG

このテストボードの回路図は OVERO-002-0002A_sch.pdf に示します。 タッチセンサーボードの出力をLEDに接続します。タッチセンサーボード上のセンサ部に触れると、LEDが点灯します。


添付ファイル: fileOVERO-002-0002A_sch.pdf 775件 [詳細] fileOVERO-002-0001A_sch.pdf 1142件 [詳細] fileDSCF7038.JPG 763件 [詳細] fileDSCF7039.JPG 988件 [詳細]

BC::labsへの質問は、bc9-dev @ googlegroups.com までお願い致します。
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-09 (金) 22:05:42 (2232d)